超有害図書シリーズ第二十一弾「続・仔羊の嬌声

 〜すずみ・舞香・小夜、妊娠・出産・母乳編〜」 

with 超インパクトCG集「リアリズム」 

mokeke 画     田中多朗 著

超有害図書シリーズ 第二十一弾 

第117回 ジュピター官能小説大賞「少女凌辱鬼畜部門」大賞受賞作品

 続・仔羊の嬌声 
        〜すずみ・舞香・小夜、妊娠・出産・母乳編〜 


                 田中多朗
 著
 



  第一章   壊れた家 
  第二章   囚われの美少女 
  第三章   小夜との出会い 
  第四章   胎動する神の子 
  第五章   官能の色に染まる若いご馳走 
  第六章   隠しカメラは真実だけを映す 
  第七章   壊された女神 
  第八章   『狂気』 ――襲い掛かる忠雄―― 
  第九章   『狂気』 ――犯される舞香―― 
  第十章   恥辱の身体検査 
  第十一章  聖職者の倦怠 
  第十二章  聖職者を満たす三つ目の献体 
  第十三章  産み落とした神の子 
  第十四章  教団の異端者ふたり 
  第十五章  医師の苦悩 〜小さな母体の嘆き〜 
  第十六章  月下の狂人 
  第十七章  母乳が漏れ出す小さな乳房 
  第十八章  罪という名の『宝物』 
  第十九章  「楽園」と「監獄」の答え 
  最終章   最後に残されたもの 

 ※ 本編合計サイズ 282KB(目次等を除く)
   四百字詰原稿用紙換算 310枚 (
同上
 



※本編合計サイズとは、目次・CG等を除いた小説単体の文章量のことです。 


 

過激で興奮満載の「仔羊の嬌声」の続編。蒼い少女たちに待ち受ける最悪の展開はもはや留まることを知らない。悶絶する小さくて幼い体。あどけなくも初々しい絶頂の媚態。少女たちに眠る「性の本能」を情け容赦無しに暴き尽くしていく「至高の書」が、ここに堂々完成した!

受胎、妊娠‥‥、それはまだ蒼く幼い少女たちの体を、無情なまでに歪で生々しい母体へと変化させていく。そして初産ゆえの激しい悶絶の末の出産。母性すら芽生えぬまま出産を強いられた少女の乳房から漏れ溢れる母乳‥‥。まさに鬼畜のオンパレード!

とことん官能描写に拘り、男たちの歓喜に肉迫する味わい深い文章は、まさしく田中多朗ゆえの「男の美学」であり「男のロマン」だ。その体感描写にシンクロして、思うが侭に放出すべし!

そしてCG集は少女たちの蒼い官能をより一層リアルに表現。アングルやフェルメールをも髣髴とさせるその生々しい肌感と躍動感が、高精細大画面版だと尚一層強く実感できる!

ところで「ロリ喘ぎボイス」なのだが、喘がせ過ぎて「ロリっ子」がダウンしてしまった。よって今回はお休みなので御了承を願う。

 


 

究極のエロス、大興奮の上記作品は只今、ディーエルサイトコムにて好評発売中です。






超有害図書シリーズ 続々リリース予定! 

第一弾

第二弾

第3弾

第4弾

第五弾

第6弾

第7弾

第八弾

第九弾

第十弾

第十一弾

第十二弾

第十四弾

第十五弾

第十六弾

第十七弾

第十八弾

第十九弾

第二十弾

第二十一弾

第二十二弾

 

 

 

トップページへ戻る


 

この興奮を知ってしまうとかなりヤバイかも知れない‥‥

 ★★★ジュピターインターノベルズ配信★★★ 

超インパクトCG集ハイパーDX 絶賛発売中!

 ★★★ジュピターインターノベルズ配信★★★ <新刊続々> 

超有害コドモボイスCD  絶賛発売中!

★弊社は新風営法営業届出済みの信頼と安心の電子出版社です★